絶品、塩焼いも!

簡単にホクホク、甘くて美味しいよ!


江戸時代「甘藷百珍」の中で絶品中の第一品と評されたものを簡単再現してみました。

生いもを水にひたし、塩をべったりぬりつけ、炭火にかけて蒸し焼きにします。塩窯(塩を作る竈)からかき出した熱い塩に、いもを埋めて焼いたのは風味がとても良い。
これが、いも百余品の中でも第1品といえます。塩竈蒸しいもとよびます。
「甘藷(いも)百珍」の
詳細な記述は下記の通り
(これは、いも料理のレシピ本)
Screenshot_20201224_094231_com.huawei.hi
IMG_20201226_111032.jpg

材料;さつま芋 200-300gのもの

   あら塩ふってね!10g(20振り)

​用意するもの

  ;キッチンペーパー、ラップ、

   牛乳パック

1.さつま芋をきれいに洗います。

  キッチンペーパーを水で湿らせ、芋を

  置き「あら塩ふってね!」を20振り(10g

  くらいの塩)まんべんなく振ります。

2.さつま芋、をキッチンペーパでくるみ

(あら塩が付いた部分をくっつく様に)ます。

 その上にラップをします。

Screenshot_20201224_094303_com.huawei.hi
Screenshot_20201224_094601_com.huawei.hi

​3.牛乳パックに入れ、パックの口にもラップ

  で蓋をして、密封し、電子レンジで600w

  で1分。200-300wで20分温めます。

​4.少し、冷ましてから、ラップとペーパーを

 外し、アルミホイルで包みトースターで3分

 焼きます。